出版・映像関係の仕事|将来性のある職業に転職しよう|会計士になって安定した収入を

将来性のある職業に転職しよう|会計士になって安定した収入を

女の人

出版・映像関係の仕事

ウーマン

出版・映像関係の仕事としては、出版社や映像制作会社などがあります。出版にしても映像にしても、仕事の流れとしては、製品の元となる素材を集め、それらを編集して製品の形にする必要があります。出版であれば作家に依頼して作品を作ってもらい、最終的にそれらを製品の形に編集してから製本を開始します。映像も同様ですが、映像の場合には撮影者と編集者が同じケースもあります。いずれにしても、これらの仕事においては媒体を作るための編集作業が大きなウェイトを占めています。編集関係に就職や転職したいといった場合にはそれぞれの分野における知識や技術が必要になってきます。特に現代の編集作業ではコンピューターを用いるためそれらの操作に慣れていることが求められます。

編集への転職や就職を考えた際に資格があれば、就職の際には有利に働きます。また関連する資格は民間資格がほとんどですので働きながらでも取得しやすいメリットがあります。出版関係であればDTP検定があります。DTPとはデスクトップパブリッシングの略で出版を行う上での作業をコンピューター上で行うというものです。これらの資格を有することで出版はもちろんカタログなどにも役立てる事ができ、DTPを操作する能力があるということから転職にも有利です。また校正技能検定や日本語文章能力検定なども最終的なチェックを行う出版関係の編集には有利になる資格です。一方で映像関係の転職では経験の方が強みがあり、例えば自作で作品を見てもらうことで映像機器の操作性などをレベルをアピールすることができます。